40年前

2019.6.29

4・5・6月、偶数月が悪くて奇数月がいい。

今年のカープの戦い、このままいけば7月・9月の奇数月が良くて優勝できても、10月のCS&

日本シリーズが危ない。などと言ってられる余裕が感じられないありさまになりそう。

40年前のV2の時と少し似たこともあるのだが、

例えば田中の連続フルイニング出場のストップ(衣笠の場合は骨折しても連続試合出場は継続した)

止まってしまったが西川の連続試合安打(高橋慶彦の33試合いまだ日本記録)など

特に7/31から8/2の市民球場での巨人戦が40年前のハイライト

初戦の第一打席で高橋慶彦が日本記録を樹立するも、その試合で負傷し大事をとってあと2戦は不出場

第二戦で衣笠が西本から四球を受け骨折、これで連続試合出場も終わるかと思われたが、第三戦に代打

で出場し江川からフルスイングの三球三振、これ以降も継続し2215試合連続試合出場の大記録となる。

40年前と比べても何にもならないのだけど、今思えばすごい試合を見てたんだなとなつかしく思う。

今年も記憶にも記録にも残るすばらしい戦いをみせてください。

 

 

コメントは受け付けていません。

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近のコメント
    アーカイブ