不安全・不安心な大会

2021.7.17

いよいよオリンピックが開幕してしまう。

無観客にはなったが、どんな気持ちで観ればいいのだろうか?複雑である。

選手村で感染者が出たそうだが、クルーズ船のように都道府県別の新規感染者の表に、

オリンピック関係者の欄ができるのではないかと心配してしまう。

お祭りが始まれば、気分も代わりいくら感染者が増えようが関係なくなってしまうのか

心から楽しめるオリンピックが観たかったのに、本当に残念です。

最後に、今年の流行語は「安全・安心な大会」になったりして

藤原義男

 

おもてなし ならぬ おひとよし

2020.6.5

やっぱりやるのか、いまだに中止の気配がないオリパラ、私はもう諦めムードだが

開催されたとして、無事に終わることを祈るしかない

「やらなきゃよかったのに」に、ならないことを願います。

いろんな事情があるのか、今さらやめられないのか、わかりませんが

ほんとに、「おもてなし」ならぬ「おひとよし」ですか?

藤原義男

 

根拠なき?楽観主義

2021.5.15

広島県も明日から緊急事態宣言区域となったが、

オリンピック・パラリンピックは、いまだに中止・延期の決定がなされていない。

私の持論だが、オリ・パラは平和の時にするもの、戦争をしない代わりに国ごとに競い合う側面が

あるように思ってきた。今は平時とは言えないので開催反対です。

先日観たテレビでは、『「根拠のない楽観主義」によって議論が停滞し、物事が先に進まない。』と

言われていた方がいた、今がそれなのかもしれない。

二兎を追って一兎も得ることもできず、誰かが言い出すのを待っている。

今の立場(環境)を変えたくないので、大声で物申さない。それではいけないのだが

私自身にも当てはまる事も多いので、自分の事としても考えねばならない。

藤原義男

 

先行き不安

2020.4.24

今月はじめのことだったが、女子ゴルフで中継スタッフがコロナに感染で競技に影響が出た。

オリンピック・パラリンピックだったらどうなるのだろうか?

選手にはワクチン接種とか話が出ていたが、優先的に受けていいわけではない。

三度目の緊急事態宣言が発令されたが、オリンピック・パラリンピックはやっぱりやるのでしょうか?

今の雰囲気でゆくと、何がなんでもやってしまう空気なのだが、だんだん先が見えなくなってきました。

藤原 義男

 

ダブルストッパー・2プラトン方式

2020.3.13

プロ野球開幕まで、あと2週間。今年のカープは新人投手3人が目玉。

今年こそ、ダブルストッパー・2プラトン方式を採用願いたい。

栗林・大道・森浦・ケムナ・島内・塹江の6人で2セットを組む。

6回でリードあるいは僅差で、7回から1イニングづつ登板。

2セットづつ交互に試合に出るから連投はなし、先発完投の場合は休めるし

負けゲームは状況によっては登板、今年も10回までだから延長でも負担減。

一年間6人ずっとは、できないだろうけど、面白いのではないでしょうか?

藤原義男

 

続オリパラ

2021.2.13

オリパラ組織委員会会長の発言問題がまだ尾を引いているが、結局のところ

今の環境下で、誰しも、安全で安心に競技を行うことができるのかという不安があったがゆえに、

この発言が、聖火ランナーやボランティアの辞退に拍車をかけたのではないでしょうか?

自分はそう思うのだが、いづれにせよ、本当にやるの?できるの?会長はだれでもいいから

早く道筋を付けていただきたい。ひよりみ状態が長く続かないように。

藤原義男

 

 

 

2020オリンピック・パラリンピック

2021.1.9

一都三県に緊急事態宣言が出され、広島県でも感染者が急増している。

すぐそこに迫ってきている感が、日に日に増してきている。

今思えば、10月に西村大臣が、年末年始休みを1月11日まで広く分散してほしいって

言ってなかったっけ、いま緊急事態宣言を出すのなら、年末年始のほうがよかったのに

などと、素人が遅きに失したと非難してもしょうがない。

今言えるのは、オリ・パラの即時中止決定かな?ずるずるいって結局できなかったが最悪。

万が一するとしても、無観客・外国からの観光客の受け入れなし・選手関係者の厳重検査。

平和だからできるスポーツの祭典です。今は戦時と同じと考えてよし。

選手や関係者は残念無念でしょうが、遅くなればなるほど傷が深くなるのではないでしょうか?

藤原義男

2020

2020.12.28

年末年始が寒くなる模様、コロナ禍で自粛するのに丁度いいかもしれない。

私のように一日中家にいても問題ない人はいいが、活動的な人には

申し訳ないが、なるべくおとなしくして頂ければありがたい。

弊社の現場仕事は26日で終了、対外業務は12/27~1/6まで長期休暇です。

今年もみなさまに色々ご支援・ご協力いただきありがとうございました。

来る年が、今年と違って明るい兆しがみえる年になるように祈ります。

来年も変わらず、よろしくお願いいたします。

有限会社藤原建設 常務 藤原義男

タイトル獲得

2020.11.7

森下の最優秀防御率のタイトルが難しくなってきた。

森下が10日に完封勝ちしても、11日に、大野が3回1/3だけ自責点0で抑えればいいし

11日の中日戦に先発して好投してても、リリーフで大野を出すこともできるから。

本当は11日に両者が先発して直接対決すればいいが、まずないだろう。

去年は、大野がジョンソンを抜いた時点でさっさと降板して、最後の最後で上手いこと

やられたので、反対にやり返してやりたいが、仕方ない。

今年のカープのMVP「森下暢仁」には、来シーズンを考えて、無理せずやってもらいたい。

藤原義男

赤から黄色へ

2020.10.24

今年は例年より、彼岸花が咲くのが遅かった。9月よりも10月になって

からが赤く目立っていた。と思っていたら、いつのまにか黄色い

セイタカアワダチソウがこの世を謳歌するように咲乱れている。

季節の移ろいは早いもの、本来なら日本シリーズ真っただ中なのに

今年は寂しい10月です。

森下勝ってよかった、自分で打つしかないって悲しいけど。

藤原義男

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近のコメント
    アーカイブ