続9月入学

2020.5.30

一応だけど、全国で緊急事態宣言が解除されて、少しは以前の生活が取り戻されつつあるが

やはり、なんだかフワフワ感が拭えない。私にとってはプロ野球開幕が決まったのが、救いかな。

9月入学が消えそうな気配だが、今回しないと、もうできなくなるんじゃないだろうか?

またまた私案だが、小学校入学時期のみ、今のまま春として、0学年を8月まで、9月から

1年生で1年間、卒業は6~7月、中高大の入学は9月とする。

メリットは小学校入学だけは、桜の時期にできる。就学開始年齢を遅らせることがない。

デメリットは小学校児童が数か月増加し、職員数の増加・負担が必要。

第二波がくるかもと心配されているのだから、今年の学年だけはゆっくりして、すべてを4か月

伸ばして6~7月の卒業はダメなのでしょうかね。              藤原義男

9月入学?

2020.4.29

東京オリンピックは果たして開催されるのか?だんだんわからなくなってきたが、

いままで準備したものが無駄になるが、最悪東京でなくてもいいと思ってきた。

それよりも、ここ一両日話題の「9月入学・始業」私は賛成です。

・コロナによる学習機会の遅れは夏休みを返上しても、もう取り返せない。

・オンラインなどを使える使えないなどの貧困の格差を広げていくばかり、教育の機会は均等に。

・いままでの慣習に囚われる必要はない。自由な発想で考えていくべし。

・小学校入学年齢の法律を変え5ヶ月伸ばせば、今の4月~翌年3月生まれでの学年に変更なし。

・年末年始の冬休みは3週間程度、4~5月(GW)を春休みとしてこれも3週間程度、

8月まるまる1ヶ月を新年度への移行期間とする。

・真夏に大きなスポーツ大会をする必要なし、冬休み・春休みをうまく使う。

社会全体を変えなきゃならないとか、半年分の学費・経費をどうするのか、いろいろと

問題もあるようですが、とりあえず、全国一斉に9月始業7月終業でやってみながら、決めていく。

こんなやり方は無理ではありますが、こんな機会じゃなきゃ変えられないのが世の中です。

藤原 義男

 

令和の命

2020.4.11

コロナウイルス対策について、急に思いついたので「令和・命・命令」について

昨年新元号が発表されたときに、最初に令和の「令」を伝えるのに命令の「令」しか思いつかなかった。

言葉の響きは悪くなかったのだが、そこが若干気になったが気にしないことにした。

緊急事態宣言が出されても、自粛要請に過ぎないから、経済的補償があてにならないから、人は動く。

「命令」がいいというのではないが、令和の時代の人命を守るためにひとこと「口」=「言葉が足りない」

そう思ってしまいました、こじつけだけど。               藤原義男

 

コロナの春

2020.3.28

新型コロナウイルスからオリンピック・パラリンピックの延期そして首都閉鎖?とあわただしい一ヶ月

いまが瀬戸際と言われ始めてから、一ヶ月半になろうとしている。

いつのまにか花粉がやってきた、ウグイスが鳴きはじめ、北側の山の斜面には白いこぶしの

花が咲き、ソメイヨシノの開花宣言があちこちで聞かれるようになって・・

もう「春なのに涙がこぼれます」「春なのにため息またひとつ」

このため息が、希望の何かに変わらないかな?と願う藤原義男です。

 

また新型コロナウイルス

2020.2.29

いままさに、新型コロナウイルスとの戦いが佳境に入ったもよう。

小・中・高の全国一斉休校も、ひとつの手段として正否は後日わかるとして、

みんなが、この突発的な要請に戸惑いをみせているのは、首相の信頼のなさに尽きる。

「こうした措置に伴って生じる様々な課題に対しては、政府として責任をもって対応してまいります」。

といっても、最低でも「何かあったときの責任はすべて自分が取る」と、最初からはっきり言わないから

もし、言ったとしても、信用されるとはかぎらないけど・・・

先ほど18時からの記者会見でも、いまひとつ踏み込んだ内容に乏しかった気がする、

具体的にどうするのか、よくわからなかったのは、私の偏見なのかちょっと残念です。

批判ばかりしてもしょうがないので、このウイルス騒動が、明るい未来を運んできてくれるなにかの

きっかけになるように祈ります。

結局のところ、このウイルスがどのくらいの影響を及ぼすのかよくわからないのも、問題ですね。

オリンピック・パラリンピックが終わるまでは、大ごとが起こらないと勝手に思い込んでいた 藤原義男です

 

 

新型コロナウイルス

2020.1.30

毎度毎度ですが、いつのまにか2020年も1ヶ月が経とうとしている。

最近の話題といえば、新型ウイルス、武漢からチャーター機で帰国した人の一部が

検査を拒否して帰宅の報道があったが、ほんとうなのでしょうか?

ひとそれぞれの事情があるとは思うが、アメリカのように空軍基地に三日間隔離するとか

オーストラリアのように離島で2週間隔離とか、日本ではどうしてしないのか、できないのか?

チャーター機を利用する条件として、検査・隔離を取り入れられないのか?

「自国民を守る」を強調する割には、中途半端で、政府の対応が問われませんか?

よくわかりもしないものがの意見ですが、初期対応大事です。  藤原義男

年末

2019.12.30

前回、いつのまにか今年も一ヶ月になったって書いたが、いつのまにかあと一日になってしまいました。

年末、ばたばたして今年の整理もできていない、かたずけ・掃除も中途半端、なんとか自分なりに納得

した状態にして本日で業務終了としました。

先のわからない日々を過ごす中、毎日毎日を大事にしていくしかない。公私ともにいろいろあったなか、

無事に年越しできることに感謝しながら、三日間ゆっくりします。

来年も変わらむご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

有限会社藤原建設 常務 藤原義男

 

2019.11.30

いつのまにか今年もあと一ヶ月になっちゃいました。

今年の流行語、私的には「スマイリングシンデレラ/しぶこ」

そして、今年の漢字「災」だけど、二年続けてはなしとして、台風の「風」かな。

そういえば、風を読んで、風にのって、風に流されて、風に逆らって、いままでいろんな

風に遭遇した。風から逃げたこともある、風にのり損ねたこともあっただろう、

どちらかというと、うまく風を利用した記憶があまりない。

いまからもどんな「風」が吹くかわからないけど、日々一歩一歩進んでいくしかないのです。

なにをいいたいのかわからなくなった 藤原義男でした

 

 

札幌マラソン

2019.10.19

今日から、日本シリーズが始まる。関係ないけどチョコチョコ観るだろう。

明日は、ラグビー。これもサッカーより興味がなかったけど観るでしょう。

来年は、東京オリンピック。これもいろいろ観るでしょう。

なかでもマラソン、札幌でいいんじゃないですか、残念な人もたくさんいるでしょうけど

日本人選手に不利になる?などと言っている場合の問題ではないでしょう。

あえていえば、コースは多少変わるけど、女子の前田・鈴木は2017と2018の

北海道マラソン優勝者だし、なんといっても地元開催なのですごいアトバンテージが

あるのだから気にしないで、みんなが安全に過ごせることが一番ですよ。

最後に、カープの一位指名「森下」、背番号はどうなるだろう。

「18」という話しもあるが、マエケンが戻って来るのを信じてとっておきたい。

とりあえず、 北別府・永川の「20」でいいんじゃないですか?

藤原 義男

まさに終演

2019.9.21

終演である。まさか5割でシーズンを終了してしまう、いや借金の可能性も、Bクラスも。

こんな体たらくでは、3位になっても勝ち抜けそうにない、雰囲気である。

監督だけの問題ではないが、やはり責任論が噴出してくる。

どうせ辞めるのなら、CSではいままでやったことのないような思い切った采配を期待したい。

そうでないと勝ち抜けない、唯一の方法だと思います。

日本一になって辞める、一番かっこいいじゃないですか。

藤原義男

 

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近のコメント
    アーカイブ