女性アスリートの引退

2017.6.24

この春から夏にかけ、フィギュアスケートの浅田真央、ゴルフの宮里藍と日本を代表するアスリートが引退を表明した。

引退をしたわけではないが、結婚で競技生活から遠ざかっている卓球の福原愛を含め、彼女たちが各競技に与えた影響は

多大なものがある。成績もそうだが、人間としても素晴らしいものがあるのだろう。

こういう人にこそ「国民栄誉賞」といいたいが、「国民栄誉賞」は時の政権の都合により、決定される場合も多い、

みんなの記憶に残る選手として、後世に伝えられていくのでしょう。

それに引き換え、昨今のいろいろな問題。特に権力者は「李下に冠を正さず」の言葉を肝に銘じて、行動すべきである。

白黒疑われる前に(黒であっても)納得がいく説明ができるようにしておかなければならないと思う。     以上です。

藤原義男

 

 

 

コメントは受け付けていません。

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近のコメント
    アーカイブ