敗因

2018.11.10

残念な日本シリーズが終わって一週間が経ちました、今更ですが敗因を分析します。

いきなり結論ですが、「ソフトバンクの投手がいい」これにつきます。

他にもいろいろあるのですが・・・

今年の夏だったと思いますがNHKの野球解説者の武田一浩氏がおっしゃっていました

「カープ(セ・リーグ)の打者は、速い球縦の変化球を織り交ぜて投げる投手に弱い、

セ・リーグにこのタイプのいい投手が少ないがパ・リーグには多い

第6戦が、このシリーズの象徴的な試合なのだが、元々バンデンハークは苦手だったし

武田や千賀もこのタイプの投手だ。

その証拠にランナーが三塁の場面で、カープの打者は三振が多かった。

バットにあてて内野にゴロを転がすだけ(実際は難しいのでしょうが)で何が起こるか

わからないのに、反対にソフトバンクはそれができて何点か取っている。

その差で負けたといっても過言ではありません。

弱いセ・リーグ相手じゃなくて強いパ・リーグで試合をして練習したいくらいです。

最後は負け惜しみですが、来年はちゃんとリーグ優勝したソフトバンクと戦い日本一になりましょう。

藤原義男

 

コメントは受け付けていません。

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近のコメント
    アーカイブ