誠也とマクブルーム

2022.5.21

プロ野球、開幕から約2ヶ月、来週から正念場の交流戦に突入。

カブスの誠也、カープのマクブルーム共に、そこそこやっている感じです。

ここで、勝手に両者の今シーズンの成績予想をしてみました。

誠也は 打率:280 ホームラン:20本 だが2塁打は40本

もともと生粋のホームランバッターではないし、ホームラン30本と2塁打30本がNPB6年での平均

MLBで飛距離が少し落ちたとしても、ホームランと2塁打の合計が60本とする。

ヒットはNPBの6年で平均140本、試合数(打席数)が増えると考えて2割8分打ってほしい。

マクブルームも同じくらいの成績かな、40年前のジム・ライトルくらいの成績で数年間活躍してほしい。

結局、願望ではありますが勝手な予想としておきます。   藤原義男

 

 

 

コメントは受け付けていません。

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近のコメント
    アーカイブ