警報・休校・災害・梅雨明け

今週はいろいろと大変でした。『朝6時の時点で 警報がひとつでも 出ていれば休校』東広島市立の小中学校の事です。教育委員会の統一基準だそうです、最終判断は学校長にあると言われても もし何かあった時の責任は?ということになるので 普通 休校にしますよね。12(月)・15(木)は6時には警報がでていたけどその後解除 反対に13(火)は6時に警報は出ていなかったけど7時過ぎには警報が出た。(私の子供の場合 12・15は休校、13は登校) 状況をみれば想像がつくのに この統一基準にまどわされて的確な判断ができない。  統一基準の理由はいろいろあると思うし 理解できると思います。 でもね・・・・もう少し柔軟に対応してほしいと思いました。実際には 15(木)には さすがにしびれを切らして?繰り下げ登校して(給食がないので)午前で下校した小中学校も数校あります。詳しく言うと6時以降に警報が出た場合は学校によって対処する方針のようですが 6時以降に解除になった場合 登校の方向へもっていけるような・・(センター給食の問題があるのかな?) 基準がいいのでは?

話変わって、梅雨が明けました。災害に遭われた方々には お見舞い申し上げます。例年より梅雨の期間は短かったのですが 例年より 多くの雨が降った感じがします。さあ夏本番 暑くなります、身体に気をつけてがんばりましょう。

                                    以上 藤原義男でした  2010/7/17

 

コメントは受け付けていません。

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近のコメント
    アーカイブ