2022年 のアーカイブ

W杯

2022.11.19

いよいよサッカーW杯が開幕です

今回は、シーズン途中で各国の準備不足も懸念されているが

やはり強いところは強い。

はっきり言って、決勝トーナメント進出は難しいでしょう。

申し訳ないが「あと一歩」及ばないのではないか

いつもの素人予想です。

藤原義男

22.10.22

2022.10.22

今日、安部・中田・菊池保などの選手の戦力外通告が発表された。

ドラフトが終わって、上位新人選手たちの背番号がどうなるのか

気になってたけど、こっちが先だったよね。

仕方がないことだけど、やはり寂しいです。各選手の次のステージでの

活躍を祈ります。

話し変わってサンフレッチェ広島、やっと勝てましたね。決勝久しぶり、

大逆転、スーパーゴール、良かった、よかった、よう勝った。

藤原義男

 

DHと延長戦

2022.10.1

カープは昨日で終戦、明日は「中日根尾」が楽しみ状態。

CSはもともと反対なので、いいとして、セリーグもDHにすべきかと。

次の攻撃の打順が投手だから交代しにくいとか、次の打者が投手だから敬遠とか、

投手がランナーに出てたから、インターバルを長くするとか、

あんまり面白くない作戦だったり、時間だったり。

DHにすれば、投手の負担を軽減できるし、DH専門の打者も使える。

選手の出場の機会が増え、活性化しそう。

延長戦も無しで結構、観るのもやるのも疲れるし、リリーフ投手の負担軽減になります。

どうしてもしたいなら、タイブレークでなるべく早く決着をつける方向にしてほしい。

その方が、選手の専門家が進んでいる今の時代に合わせた運用になるのではないでしょうか?

藤原義男

終盤戦

2022,8.31

村神様の勢いが止まらなかった、DeNAも、ここまででしょう。

かといって、カープのCSは望んでいない。

今年は最下位でも結構、首脳陣を変えなければ強くなれそうにない。やはり

あまいのだ。優しいのだ。中途半端に今から勝ち上がっても、昨年・一昨年とおなじで

次の年に繋がっていかない。あっさり負けて変革を望む。

カブスの誠也は、調子が少しずつ上がってきているようでうれしい。でも打った時に勝てないんだよね。

ホームラン20本 2塁打40本は、試合数が少ないだけに厳しいが、打率2割8分は可能。

こちらは最後に巻き返してもらいたいものです。

 

 

 

政教分離

2022.7.30

政治と宗教の話は、仕事上では御法度として、控えてきた。

安倍元総理が亡くなって、いろんな問題が浮かび上がってきたので、私が思うことを。

長期政権を築いた安倍氏は、評価をされる部分もあるが、モリカケサクラの疑惑が払しょくできない

ので、私個人は好きではない。しかし、国葬をすることに反対ではない。決め方が問題、国の費用とか

いわれるが、故人を神格化するわけでもないし、追悼することを強制するわけでもなく自由だから。

国会の追悼演説は本当に追悼したい人がやるべきであって、慣例だから野党からというのもおかしいと思う。

今回は、政治と宗教の問題に少しメスを入れることが一番大事なことではないでしょうか?

一番難しい問題でもあり、根本の問題でもある。「政教分離」をもう一度考え直しましょう。

藤原義男

 

シブコファン

2022.5.18

まさかの3位落ちで元気がなくなった状態なので、カープネタが書けそうにない。

こんな時には、調子が良くても悪くても、なんやかんや言われるシブコこと渋野日向子。

好不調の波が大きいから、落胆もするが期待も大きい、今年は海外で1勝できれば良しとして

またいつか、メジャー大会で勝つこともあるでしょう。

そんな期待を抱かせる人物ですよね。そう完全にシブコファンです。

それに引き換え、いまのカープは期待を抱かせる雰囲気が感じられない、

勝てないのならせめて、フレッシュな顔ぶれが観たいものです。

藤原義男

 

誠也とマクブルーム

2022.5.21

プロ野球、開幕から約2ヶ月、来週から正念場の交流戦に突入。

カブスの誠也、カープのマクブルーム共に、そこそこやっている感じです。

ここで、勝手に両者の今シーズンの成績予想をしてみました。

誠也は 打率:280 ホームラン:20本 だが2塁打は40本

もともと生粋のホームランバッターではないし、ホームラン30本と2塁打30本がNPB6年での平均

MLBで飛距離が少し落ちたとしても、ホームランと2塁打の合計が60本とする。

ヒットはNPBの6年で平均140本、試合数(打席数)が増えると考えて2割8分打ってほしい。

マクブルームも同じくらいの成績かな、40年前のジム・ライトルくらいの成績で数年間活躍してほしい。

結局、願望ではありますが勝手な予想としておきます。   藤原義男

 

 

 

4番が抜けた穴

2022.4.23

プロ野球が開幕、遅れてMLBも開幕、嬉しいのはカープが調子いいし、誠也もまずまず。

「4番が抜けて長打力がうんぬんかんぬん、誠也は労使協定の遅れで準備不足」

開幕前に懸念されていたまったく逆の結果になっている。やってみないとわからない。

黒田・新井が復帰した2015年にはCSを逃し、

逆にマエケンが抜けた2016年に優勝、今年はその再現を願います。

藤原義男

 

 

プロ野球開幕

2022.3.26

高校野球、広陵が敗れ広商がコロナで不戦敗となり、少し気が抜けた状態になったが

プロ野球が開幕したので、一気にスポーツ満載の日々になった。

一方、カーリングの中部電力もコロナ感染で棄権をすることになったり、

コロナによって今までの常識では計ることのできない世界になってきている。

その意味では、新庄ビックボスが行った短いイニングでの投手リレーはおもしろい。

いまからずっとやり続けるわけではないと思うが、何十年先には当たり前になっている

かもしれない、これからも新しいことをやっていってもらいたい。

とは言え、結局のところひいきチームが勝つのが一番。カープの順調すぎるすべりだし、

明日の遠藤も、初回さえ、しのげれば3連勝ありますよ。

藤原義男

 

平和の祭典

2022.2.19

北京オリンピックもあとわずか、4年前のことを思い出して、私のブログを

読んでみると、やはりカーリングのことを書いていた。

ロコ・ソラーレは銅から銀又は金へジャンプアップしたが、自分は年を重ねただけで

あまり変わった感じはない、ガラケーからスマホに変えて、便利になったことはあるけど。

さあ明日は、ゆっくり決勝戦を楽しみましょう。

何度見ても先の展開が予想できない難しい競技、最後の最後までハラハラドキドキかな、

最後に、平和の祭典が無事おわりますように。

藤原義男

 

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近のコメント
    アーカイブ